ゼンスタッフサービス株式会社と夏目漱石

バナー

ゼンスタッフサービスと夏目漱石の作品の共通点を考察:こころ


え、もしかして夏目漱石の「こころ」に出てくる「私」って男なんですか!!
中学の教科書では断片的にしか記載されていませんでしたが、
三部構成の「上」を読んだところ、男性と捉えられる描写が度々記載されていました。

では、ゼンスタッフサービスとその夏目漱石の作品の共通点は何でしょうか?
今回は「こころ」の共通項を探してみたいと思います。

【こころ】
こころはその名の通り、明治の精神について記載されたものです。
夏目漱石はこの作品を、乃木大将の殉死に影響を受けて執筆しました。

作中の人物に目を向けると、気になる点がいくつか登場すると思います。
例えば、先生の職業。
作中で先生が働いている描写は一切なく、いわゆる無職であることが伺えます。
ゼンスタッフサービスとその夏目漱石の作品の共通点ですが、
ゼンスタッフサービスは仕事を探している方が利用する会社になります。
現時点で、何の職業にも就いていないという点では、
ゼンスタッフサービスとその夏目漱石の作品は同じものだと言えそうですね。
ただし、先生は労働意欲がありませんので(それどころか生きる理由すらない)、
ゼンスタッフサービスでこれから仕事を探す人とは雲泥の差と言えます。

場所はどうでしょうか?
「私」が先生と初めて会ったのは鎌倉の海水浴場で、
先生がお墓参りに行っているのは雑司ヶ谷(東京都豊島区)の墓地です。
ゼンスタッフサービスは関東にたくさんの仕事を紹介していますので、
ゼンスタッフサービスとその夏目漱石の作品は共に近い場所にあると言えそうです。
少なくとも他の作品よりかは近い気がします。
ちなみに坊ちゃんは四国が舞台です。

メンタルに関する部分も、
ゼンスタッフサービスとその夏目漱石の作品は似ているかもしれませんね。
ただし、結果は正反対です。
ゼンスタッフサービスは精神的なケアをたくさん行う派遣会社と評判なので、
先生やKのようにはさせません。
仕事に関して困ったことがあったら、
直ぐにゼンスタッフサービスに相談しましょう。