ゼンスタッフサービスと夏目漱石

バナー

ゼンスタッフサービスと夏目漱石の作品の共通点を考察:坊ちゃん


夏目漱石は日本を代表する小説家だと思います。
坊ちゃん、こころ、吾輩は猫である、などなど。
これらの作品を読まなくても、
タイトルだけは知っている方は多いのでは?
野口英世(2004年から発行)の前の1,000円札の人物でもあり、
大学生以上の日本人で夏目漱石を知らない方は居ないと思いますよ。
では、ゼンスタッフサービスと夏目漱石の作品の共通点は何でしょうか?
今回は坊ちゃんについて考察したいと思います。

【坊ちゃん】
恐らく、日本で最も読まれている夏目漱石の作品だと思います。
大衆的な内容になっていますので、
発売当初(1906年)もかなりの人気を誇っていました。
では、ゼンスタッフサービスとその夏目漱石の作品の共通点は何でしょうか?
とりあえず、「仕事をする」というのは共通点になり得そうです。
作中では、坊ちゃんは「教師」と「鉄道の技師」の2種類の仕事を行います。
ただし鉄道の技師はエピローグ的なものです。
作中は基本的に教師としての坊ちゃんが描かれています。

しかし、ゼンスタッフサービスは教師の仕事を紹介していません。
鉄道の技師もどうでしょうか。
エンジニア系はやっていますが、技師はちょっと分かりませんね。
そもそも、その鉄道の技師の仕事は具体的に何をするのでしょうか?
溶接とかでもやるのでしょうか?
エピローグなので詳細が完全に不明ですが、
東京理科大学を卒業すれば働きやすい仕事というのは確実です。
もしかしたら、設計的なこともするかもしれませんね。

他に、ゼンスタッフサービスとその夏目漱石の
作品の共通点を探してみたところ、
スピード対応な点が似ていると言えそうです。
あまり知られていませんが、坊ちゃんは10日で書きあげたものです。
ゼンスタッフサービスもその夏目漱石の作品と同様に、
かなりのハイスピードで仕事を紹介することもあります。
早ければ、ゼンスタッフサービスはその夏目漱石の作品よりも
早く仕事を紹介してくれるかもしれませんね。
坊ちゃんのように優秀なら(当時の大学は、卒業がすごく難しい)、
直ぐにゼンスタッフサービスが紹介してくれますよ。